過労死・過労自殺・労災をなくそう
過労死110番全国ネットワーク(過労死・過労自殺・労災等)
過労死・過労自殺・労災相談の過労死110番
活動内容
「過労死110番」運動のあゆみ
主な弁護士の連絡先
「過労死110番」全国集計結果
過労死・過労自殺・労災関連図書
リンク
弁護士へのご相談方法

「過労死110番」全国集計結果

相談件数推移

2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度 2010年度

2009年度 2008年度 2007年度 2006年度 2005年度 2004年度 2003年度

2002年度 2001年度 2000年度 集計結果

2009年度活動の結果

6月20日(土) 「過労死・過労自殺・過労疾患110番」全国一斉電話相談

()内の数字はその内死亡件数
相談実施地域 全国30都道府県(2009/6/23現在)
地域 相談
件数
労災
補償
内訳 予防・
働き過ぎ
その他
脳・心臓 自殺・
精神疾患
その他
ストレス
疾患
その他
全国 276 114

(56)

19

(11)

79

(40)

12

(2)

4

(3)

93 69
全国一斉相談 内訳
北海道 25 5

(3)

 

()

3

(3)

2

()

 

 

13 7
秋田 2 1

(1)

 

()

1

(1)

 

()

 

 

  1
岩手 3 1

(1)

 

()

1

(1)

 

()

 

 

1 1
山形 7 3

(1)

 

()

3

(1)

 

()

 

 

1 3
宮城 7 2

(1)

 

()

2

(1)

 

()

 

 

3 2
新潟 2 1

(1)

 

()

1

(1)

 

()

 

 

1  
石川 1  

()

 

()

 

()

 

()

 

 

1  
福井 4  

()

 

()

 

()

 

()

 

 

4  
長野 1  

()

 

()

 

()

 

()

 

 

  1
茨城 0  

()

 

()

 

()

 

()

 

 

   
群馬 5 3

(1)

1

()

1

(1)

1

()

 

 

  2
山梨 3 3

(1)

 

()

3

(1)

 

()

 

 

   
埼玉 4 2

()

1

()

 

()

1

()

 

 

  2
千葉 3 1

(1)

 

()

 

()

 

()

1

(1)

1 1
東京 85 35

(21)

6

(4)

23

(13)

3

(2)

3

(2)

35 15
神奈川 2 2

(1)

 

()

1

(1)

1

()

 

 

   
愛知 22 6

(2)

1

(1)

4

(1)

1

()

 

 

11 5
京都 2 1

(1)

 

()

1

(1)

 

()

 

 

  1
大阪 41 22

(10)

3

(2)

18

(8)

1

()

 

 

8 11
兵庫 11 6

(3)

1

()

5

(3)

 

()

 

 

3 2
鳥取 5 2

(2)

1

(1)

1

(1)

 

()

 

 

  3
岡山 3 1

()

 

()

 

()

1

()

 

 

1 1
広島 4 2

(1)

 

()

2

(1)

 

()

 

 

1 1
山口 9 3

()

 

()

3

()

 

()

 

 

3 3
徳島 0  

()

 

()

 

()

 

()

 

 

   
高知 5 4

(1)

1

()

3

(1)

 

()

 

 

  1
愛媛 0  

()

 

()

 

()

 

()

 

 

   
福岡 19 8

(3)

4

(3)

3

()

1

()

 

 

6 5
佐賀 0  

()

 

()

 

()

 

()

 

 

   
宮崎 1  

()

 

()

 

()

 

()

 

 

  1

内訳
合計相談件数
276件
労災補償相談(死亡または療養)
 うち脳・心臓疾患相談
 うち自殺・精神疾患相談
 うちその他のストレス疾患相談
 その他
114件
19件
79件
12件
4件
(うち死亡56件)
(うち死亡11件)
(うち死亡40件)
(うち死亡2件)
 
過労死予防・働きすぎ相談 93件
その他の相談 69件

補償(脳・心臓疾患)
  • コンビニとマンション管理の仕事を掛け持ちで行い,深夜勤や不規則勤務を続け,致死性不整脈により突然死した(30代男性)。
  • 残業が多くて休日出勤も行い,納期に追われて,仕事のトラブルもあったりして,脳出血を起こした(化学産業)。
  • 大手運送会社の下請,トラック持ち込みで,東京・大阪間を週2〜3回往復,積み卸し作業まで行う長時間労働で,心筋梗塞により死亡した(30代男性,運輸業)。
補償(自殺)
  • 毎日深夜遅く(0時過ぎ)まで働き,最終の深夜バスで帰宅し,部下との間でトラブルがあったりして,うつ病を発症し,自殺した(40代男性,研究職)。
  • 連日の残業で月に100時間〜130時間の残業を行っており,山中で練炭を使って自殺した(30代男性,通信業)。
  • 上司から怒鳴られる等パワハラに遭い,体調悪化し,退職に追い込まれた後,自殺した(30代女性,営業職)。
  • 関連会社へ転勤後,毎日,午前7時30分から勤務し,終電で帰宅する生活となり,高層ビルから飛び降り自殺した(20代男性,自動車整備士)。
補償(精神疾患)
  • 契約社員で働いていたところ,上司から嫌がらせが繰り返され,退職強要され,適応障害を発症し,統合失調症になった(30代女性,デザイナー)。
  • 職場の上司が変わったことから環境が一変し,仕事内容が増加,同僚とのトラブル増加,上司から机を叩かれる等の嫌がらせを受け,不眠等に陥り,うつ病等を発症した(女性,事務職)。
  • 上司から怒鳴られ,無理な仕事を押しつけられ,プライバシーを詮索されたりして,精神疾患を発症し,会社から「うつが治らないので辞めてくれ」と言われて,退職させられた(20代男性,技術職)。
  • 毎日朝7時から夜10時30分過ぎまで仕事し,深夜勤等の不規則勤務を繰り返し,うつ病を発症した(20代男性,医師)。
  • 月200時間以上の残業を行い,異動してから,うつ病を発症,その後再発を繰り返している(市役所職員)。
補償(その他)
  • 毎日朝10時から深夜0時まで勤務,休日出勤もあり,過呼吸を発症した(30代女性,アパレル勤務)。
予防・過重労働相談
  • 残業が月120時間,138時間等と非常に忙く,突然に行方不明となった(30代男性,金融業)。
  • 朝10時頃に出勤し,翌日朝7時過ぎまで働く長時間労働で,睡眠時間は1日に2〜3時間しかとれない(20代男性,大手法律事務所勤務)。
  • 私立中学校に勤めているが,朝6時に家を出て,深夜0時頃に帰宅し,休日は日曜日のみだが,その日曜でさえたまに日曜出勤することもある(20代女性,学校教員)。
  • 月に100時間超の残業をこなし,一時は,朝5時に帰宅したりして月180時間の残業を行い,夫婦ともに精神障害になった(流通業)。
  • 住み込みで学校の管理の仕事を行い,1人で全て担当しなければならず,朝7時から夜10時まで仕事し,休憩時間も実質的には仕事し,自宅に帰れるのは週に1日のみで,その休みも24時間もとることができない(70代男性)。
  • 朝8時から仕事し夜10時過ぎまで仕事しているが,仕事時間の一部は会社から自主的な活動だと言われて,賃金をもらえない(男性,製造業勤務)。
  • 朝8時前に家を出て行き,毎日最終電車,早くて夜10時〜11時に帰ってくるような生活をしているのに,残業代が支払われない(30代男性)。
  • 2年目の国家公務員で,朝9時から働き,毎晩毎晩終電で深夜1時・2時に帰宅しているが,残業代は少ししか出ない(男性,国家公務員)。
  • 社会人1年目で,5時か5時30分頃に起きて仕事に行き,帰宅するのは夜11時とか深夜1時頃,睡眠時間は3〜4時間しかとれず,食事やシャワーするのも辛い状況,休日は日曜・祭日とされているが,仕事を家でやらされている(20代男性,営業職)。
  • 朝7時過ぎから仕事して,翌2時頃帰宅する生活をして,体調を崩し,うつ気味(40代男性,製造業)。
  • 朝8時から夜11時頃まで仕事し,深夜3時〜4時に帰宅,睡眠時間は2〜3時間しかない(レストラン勤務)。
  • 納期に追われ徹夜で明け方まで仕事,1日3時間位しか眠れず,食事も不規則,自律神経やられて睡眠薬を服用(30代男性,システムエンジニア)。
  • 残業が月130時間に及ぶ長時間労働で,疲れて,怒りっぽくなっている(中間管理職)。
  • トラックの運転手で,危険物を運搬,朝5時から午後7時・8時頃まで勤務し,ノイローゼ状態となっている(運輸業)。

「過労死110番」全国ネット事務局
過労死弁護団全国連絡会議事務局
TEL:03-3813-6999  FAX:03-3813-6902