過労死・過労自殺・労災をなくそう
過労死110番全国ネットワーク(過労死・過労自殺・労災等)
過労死・過労自殺・労災相談の過労死110番
活動内容
「過労死110番」運動のあゆみ
主な弁護士の連絡先
「過労死110番」全国集計結果
過労死・過労自殺・労災関連図書
リンク
弁護士へのご相談方法

「過労死110番」全国集計結果

相談件数推移

2017年度 2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度

2010年度 2009年度 2008年度 2007年度 2006年度 2005年度 2004年度

2003年度 2002年度 2001年度 2000年度 集計結果

2011年度活動の結果

6月18日(土) 震災後の過重労働・過労死・過労自殺110番 全国一斉電話相談

()内の数字はその内死亡件数
相談実施地域 全国30都道府県(2011/6/20現在)
地域 相談
件数
予防・
過重労働
労災
補償
内訳 その他
自殺・
精神疾患
その他
ストレス
疾患
脳・心臓 その他
全国 74 26 31

(9)

14

(6)

4

(1)

5

(2)

8 17
全国一斉相談 内訳
北海道 0 0 0

()

0

()

0

()

0

()

0 0
秋田 0 0 0

()

0

()

0

()

0

()

0 0
岩手 2 1 0

()

0

()

0

()

0

()

0 1
山形 0 0 0

()

0

()

0

()

0

()

0 0
宮城 3 0 2

()

0

()

1

()

0

()

1 1
新潟 0 0 0

()

0

()

0

()

0

()

0 0
石川 2 0 2

(1)

0

()

1

()

1

(1)

0 0
福井 4 2 2

(2)

2

(2)

0

()

0

()

0 0
長野 0 0 0

()

0

()

0

()

0

()

0 0
群馬 1 0 1

()

1

()

0

()

0

()

0 0
山梨 2 0 2

()

1

()

0

()

0

()

1 0
埼玉 0 0 0

()

0

()

0

()

0

()

0 0
千葉 0 0 0

()

0

()

0

()

0

()

0 0
東京 18 8 8

(2)

2

(1)

0

()

1

(1)

5 2
神奈川 0 0 0

()

0

()

0

()

0

()

0 0
愛知 2 1 0

()

0

()

0

()

0

()

0 1
滋賀 0 0 0

()

0

()

0

()

0

()

0 0
京都 3 0 1

()

0

()

0

()

1

()

0 2
大阪 7 0 2

(2)

1

(1)

1

(1)

0

()

0 5
兵庫 3 1 2

(1)

2

(1)

0

()

0

()

0 0
鳥取 0 0 0

()

0

()

0

()

0

()

0 0
岡山 5 0 2

()

2

()

0

()

0

()

0 3
広島 3 1 1

()

1

()

0

()

0

()

0 1
山口 0 0 0

()

0

()

0

()

0

()

0 0
徳島 1 0 1

()

0

()

0

()

0

()

1 0
高知 1 0 1

()

0

()

0

()

1

()

0 0
愛媛 0 0 0

()

0

()

0

()

0

()

0 0
福岡
[福岡]
13 11 2

(1)

2

(1)

0

()

0

()

0 0
福岡
[北九州]
3 1 1

()

0

()

1

()

0

()

0 1
佐賀 0 0 0

()

0

()

0

()

0

()

0 0
宮崎 1 0 1

()

0

()

0

()

1

()

0 0

内訳
合計相談件数
74件
過労死予防・過重労働等相談 26件
労災補償相談(死亡または療養)
 うち自殺・精神疾患相談
 うちその他のストレス疾患相談
 うち脳・心臓疾患相談
 その他
31件
14件
4件
5件
8件
(うち死亡8件)
(うち死亡5件)
(うち死亡1件)
(うち死亡2件)
 
その他の相談 17件

予防・過重労働等相談(震災関連)
  • 損害保険会社の仙台支店に務めていた弟が、従来から長時間労働に従事していたが、3月11日の震災後に更に業務量が増加し、6月になって家を出たまま行方不明になっているので、過労自殺を心配している。(男性、損害保険会社)
  • 県庁勤務の公務員であり、3月11日の震災後、特にここ1ヶ月は毎日0時過ぎまで残業が続いており、息子の健康状態が心配である。(40代男性、公務員)
  • 建設業に従事しており、従前から残業が多かったが、3月11日の震災後は特に業務量が増加し、ここ1ヶ月は休日がなく、午前8時から勤務し帰宅は翌日午前3時になるので、睡眠は3時間程度しかとれず、過労死を心配している。(30代男性、建設業)
  • 夫が被災地の道路舗装業に従事しており、3月11日の震災後、午前6時半には出勤し帰宅は午後9時という激務が続いているので、放射能の影響や精神的負担が心配である。(40代男性、道路舗装業)
  • ガスボンベの運搬業に従事しており、3月11日の震災後に道路が陥没し、顧客を津波から逃がすため運搬したところ、腰痛を再発し出勤できなくなったため、会社に解雇されてしまい、自殺を考えている。(40代男性、運搬業)
  • 外資系企業勤務であり、3月11日の震災後に韓国への長期出張が続いており、月に1度程度しか帰宅できず、この先の体調が心配なので、待遇の改善を申し出たい。(男性、外資系企業)
  • 都立学校の嘱託公務員であり、3月11日の震災当日に、区役所と連携しながら朝まで帰宅難民への対応をするなど、長時間勤務に従事したが、再雇用だとの理由で、残業代についての適切な措置がいまだとられていない。(60代男性、公務員)
  • 外資系企業の総務課長であり、3月11日の震災を受けて、都内の事務所が大阪に移転することになり、強い退職勧奨を受けているため、精神的につらい。(50代男性、外資系企業)
  • 3月11日の震災後、計画停電の影響で仕事が不安定になり、休みもなく働いているので、精神的につらい。(女性、自営業)
  • 被災地で漁師をしていたが、3月11日の震災後に東京への転居を余儀なくされたので、被災者のための就職の斡旋をしてほしい。(男性、漁師)
  • 3月11日の震災後に、親会社が潰れて日雇いの仕事を失った知人が、生活苦を理由に夫婦で無理心中をしたので、遺された子供たちの生活を保護する手続きをとりたい。(男性、派遣)
補償(精神疾患)
  • 地方公務員であり、3月11日の震災で勤務中に津波に巻き込まれ、ストレス性難聴を発症し、他の公務員もうつ病等を発症したが、上司との話し合いで公務災害申請が認めてもらえず、困っている。(男性、公務員)
  • 自動車部品製造会社で勤務しており、3月11日の震災後、計画停電の影響で午前6時からの早出出勤を求められ、労働時間が長時間化し、すでに発症していたうつ病が悪化して、5月以降は休職している。(40代男性、製造業)
  • うつ病で失業しているため、被災した岩手の実家へ仕送りができず、困っている。(50代男性、無職)
  • 上司から胸ぐらをつかまれ、怒鳴られる等のパワハラを受けた結果、精神障害を発症した。(男性)
  • 長時間労働によりうつ病を発症し、現在は休職しているが、復職の時期が決まらず困っている。(男性)
補償(自殺)
  • 運送会社のダンプカーの運転手であり、早朝から深夜までの過重労働が原因で勤務中に事故を起こしたが、示談金の一部しか会社の保険がおりなかったため、残金の支払いができずに、自殺した。(50代男性、運送業)
  • トラック運転手が、過重労働が原因で勤務中に事故を起こしたところ、相手方から激しい損害賠償請求を受け、会社が対応してくれず、3日後に自殺した。(男性、運送業)
  • 線路工事の警備員であり、無線の故障で列車を止めてしまった責任を問われ、家族で無理心中をした。(30代男性、警備員)
  • 機械制作会社の技術者であり、新入社員の教育係を任されたことで精神的負担が大きくなり、自殺した。(20代男性、技術者)
補償(脳・心臓疾患)
  • 銀行の事務職員であり、毎日午前6時半には家を出て、帰宅時刻は午後10時を過ぎるなど長時間労働が続き、片道約1時間半の通勤負担も重なって、心筋性の悪性症候群で死亡した。(40代男性、銀行)
その他
  • 設計・デザイン会社勤務であり、人が少なく業務量が多いため、毎日残業が続き終電で帰宅しており、徹夜をすることもあるが、残業代も出ない。(男性、設計・デザイン会社)
  • 販売戦略研修所のマネージャー職であり、コンサルティング業務が忙しく、毎日午前8時45分から深夜0時までの長時間労働が続いており、一般職の社員が午後8時には帰宅するため、自分に仕事が集中している。現在、朝起きるのがきつく、ボーッとした状態になることがある。(女性、コンサルティング業)
  • 息子が今年の4月から、パン会社の下請会社で配送業に従事しているが、午後8時から翌朝5時まで、または午後10時から翌朝7時までの不規則な深夜勤務が続いており、通勤時間も長く、健康状態が心配である。(20代男性、配送業)
  • 再就職で建設工事の監督業務をしており、午前7時から午後7時半までの勤務が続いており、徹夜もあるが、残業代も出ておらず、夫の体が心配である。(50代男性、建設業)
  • 今年の4月から、賃金がカットされボーナスも出なくなったが、新入社員にはボーナスが出ているので、不平等な扱いを改善してほしい。(男性、店舗勤務)
  • 病院の警備員であり、午後11時から午前5時までの仮眠時間も、電話応対や緊急対応などを行っているにもかかわらず、無休扱いである。(男性、警備員)

3月5日(土) 「職場の自殺110番」全国一斉電話相談

()内の数字はその内死亡件数
相談実施地域 全国19都道府県(2011/3/7現在)
地域 相談
件数
労災
補償
内訳 予防・
過重労働
その他
自殺・
精神疾患
脳・心臓 その他
ストレス
疾患
その他
全国 153 47

(25)

38

(20)

6

(5)

3

()

0 56 50
全国一斉相談 内訳
北海道 1  

()

 

()

 

()

 

()

    1
秋田 1 1

(1)

1

(1)

 

()

 

()

     
宮城 0  

()

 

()

 

()

 

()

     
新潟 8 2

(2)

2

(2)

 

()

 

()

  4 2
福井 7 1

()

1

()

 

()

 

()

  1 5
長野 1 1

(1)

1

(1)

 

()

 

()

     
群馬 1 1

(1)

1

(1)

 

()

 

()

     
山梨 2 2

(1)

1

(1)

 

()

1

()

     
東京 68 23

(13)

19

(9)

4

(4)

 

()

  22 23
静岡[東部] 1 1

()

 

()

 

()

1

()

     
静岡[中部] 0  

()

 

()

 

()

 

()

     
静岡[西部] 0  

()

 

()

 

()

 

()

     
愛知 1  

()

 

()

 

()

 

()

  1  
岐阜 0  

()

 

()

 

()

 

()

     
京都 0  

()

 

()

 

()

 

()

     
大阪 32 10

(3)

10

(3)

 

()

 

()

  16 6
兵庫 8  

()

 

()

 

()

 

()

  2 6
岡山 3 1

()

 

()

 

()

1

()

  2  
福岡 17 4

(3)

2

(2)

2

(1)

 

()

  6 7
佐賀 0  

()

 

()

 

()

 

()

     
宮崎 2  

()

 

()

 

()

 

()

  2  

内訳
合計相談件数
153件
労災補償相談(死亡または療養)
 うち自殺・精神疾患相談
 うち脳・心臓疾患相談
 うちその他のストレス疾患相談
 その他
47件
38件
6件
3件
0件
(うち死亡25件)
(うち死亡20件)
(うち死亡5件)
(うち死亡0件)
 
過労死予防・働きすぎ相談 56件
その他の相談 50件

補償(自殺)
  • うつ病にかかっており、周囲に頑張れと言われるのがつらいと言っていた。激しい訓練を受けた後に、自殺した。(男性、自衛隊)
  • 単身赴任で降格され、残業と休日出勤が多く、仕事のストレスで自殺した。(男性、建設)
  • 長時間労働でうつ病になり、会社に休職を求めたが認められず、その後も残業が続いて自殺した。(30代男性、医療)
  • 午前7時から深夜3時ころまでの長時間労働が続き、成績不振で上司に強く叱責され、その1週間後に自殺した。(40代男性、エンジニア)
  • 職場のリーダーから嫌がらせを受けており、仕事も山積みだったが、他の社員の支援もなく、退職後すぐに自殺した。(50代男性、会社員)
  • 職場のストレスでうつ病になり、退職したが、その翌月に自殺した。(男性、介護施設)
  • 10年以上、お盆も正月もなく、朝から晩まで働き詰めである。精神科を受診して服薬もしていたが、初めて無断欠勤をし、自殺した。(40代男性、システムエンジニア)
  • 上司に仕事を教えてもらえず、怒鳴られるなどのハラスメント受けており、残業も多く、パニック障害と診断されていた。異動願いを先延ばしにされた後に、自殺した。(20代男性、製造業)
  • 上司から受けていたイジメの内容を遺書に残し、自殺した。(20代男性、製造業)
  • 上司に意見を言うと、仕草や行動などについて叱責されるようになり、継続的なパワーハラスメントで自殺した。(40代男性)
補償(精神疾患)
  • 日常的に暴言を浴び、部屋に閉じ込められるなど、職場のイジメでうつ病になった。(男性)
  • 仕事でうつ病になり仕事が手につかず、仕事がなくなると収入の道がないので、自殺を考えてしまう。(男性、洋品店)
  • 息子がうつ病で現在休職中であり、職場復帰予定だが、親として息子を復職させてよいのか心配である。(50代男性、地方公務員)
  • 交替・24時間体制勤務で常に携帯電話を持たされているため気が休まらず、うつ病・パニック障害と診断され、現在休職している。(男性、メンテナンス業)
  • 長時間労働で休みがほとんどなく、退職勧奨を受けてうつ病になり、現在休職している。(女性)
  • 午前6時に出勤し夜中に帰宅するという長時間労働が続き、社屋の移転で通勤時間が1時間以上増え、死にたいと言って頭を抱えるようになり、現在はうつ病で休職している。(40代男性、卸売)
  • うつ病で休職し、復職後のミスで上司に責任を追及され、うつ病が悪化した。(男性、教員)
  • 外国人であるため言葉のハンデがあることについて、上司に厳しく言われ、うつ病と胃炎で会社を欠勤した。現在、退職を強要されている。(40代女性、メーカー)
  • 店長からのセクハラでうつ病を発症し、入院した。(20代女性、アパレル)
  • 長時間労働でうつ病になり1年間休職したが、今度はハラスメントでうつ病になった。会社には2回目の休職は認めないと言われている。(介護職)
補償(脳・心臓疾患)
  • 副総支配人であり、新しいホテルのオープンに向けて長時間労働が続き、心室細動で死亡した。(50代男性、ホテル業)
  • 毎日深夜12時過ぎに帰宅しており、長時間労働が続き、心筋梗塞で亡くなった。(30代男性、歯科医)
補償(その他)
  • 午前5時30分から午後3時半まで、休憩なしで勤務しており、足が痛く、首が回らなくなってしまっている。(女性、清掃業)
予防・過重労働相談
  • 叩く、蹴るなどの暴行を受け、熱い湯をかけられるなどの、ハラスメントを受けている。男性、飲食店)
  • 勤務時間外に出勤するよう命じられ、早出を強要されるが、拒否すると指示通り働かないのが悪いと言われる。残業代も支払われない。(女性)
  • 経営者が、ミスをした社員に罰を与えたり、電話の取次ぎが悪い社員をすぐに解雇するので、現在の職場環境に耐えられず、このままではうつ病になりそうである。(男性、不動産業)
  • 息子が夜中1時から早朝まで、さらに夕方から午後9時ころまで不規則な長時間勤務を行っており、過労状態で心配である。(男性、マスコミ営業)
  • 娘が新規店舗の開店に向けて、午前8時半から終電まで勤務しており、残業代も一部しか支払われていない。(女性、店員)
  • 息子が午前6時に出勤し深夜0時半に帰宅し、自宅でも仕事をしているなど、異常な長時間労働である。(男性)
  • 1日15時間以上勤務しているが、残業を45時間以上つけることができず、慢性的な長時間労働が続いている。(男性)
  • ハガキの販売枚数に厳しいノルマがあり、自分は成績が悪く、最近は食欲不振である。(女性、郵便業)
  • 病気で深夜勤務を禁止されているが、上司が深夜残業を命じるので、不眠症になっている。(男性)
  • 女性の上司が男性社員に暴力を振るっており、自分もその上司から暴言を受けている。(20代女性、芸能会社)
  • 仕事に無理な期限を設定されており、長時間労働が続いて、頭痛がするなど、体調不良である。(男性、会社員)
  • 午前8時から9時までの分の残業代が支払われず、上司によるパワハラもあり、精神的につらい。(男性、会社員)
  • 娘が仕事のことで愚痴をこぼすようになり、様子がおかしいので専門家への相談をすすめているが、忙しくて相談の時間すらとれない状況である。(50代女性)
  • 1日12時間以上勤務しており、繁忙期には休日出勤もあり、最近やせてきた。(30代男性、製本業)
  • リーダーに嫌がらせをされており、無断でシフトや勤務時間を変更され、有休も認められない。(男性、飲食店)
  • 長時間労働に加え、売上のノルマがあるので、自分で会社の商品を買っており、半年前からノイローゼ状態になっている。(40代男性、家電販売)

「過労死110番」全国ネット事務局
過労死弁護団全国連絡会議事務局
TEL:03-3813-6999  FAX:03-3813-6902