過労死・過労自殺・労災をなくそう
過労死110番全国ネットワーク(過労死・過労自殺・労災等)
過労死・過労自殺・労災相談の過労死110番
活動内容
「過労死110番」運動のあゆみ
主な弁護士の連絡先
「過労死110番」全国集計結果
過労死・過労自殺・労災関連図書
リンク
弁護士へのご相談方法

「過労死110番」全国集計結果

相談件数推移

2017年度 2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度

2010年度 2009年度 2008年度 2007年度 2006年度 2005年度 2004年度

2003年度 2002年度 2001年度 2000年度 集計結果

2013年度活動の結果

6月15日(土) 過労死・過労自殺110番 全国一斉電話相談

()内の数字はその内死亡件数
相談実施地域 全国27都道府県(2013/6/15現在)
地域 相談
件数
労災
補償
内訳 予防・
過重
労働
その他
脳・心臓 自殺・
精神
疾患
その他
ストレス
疾患
その他
全国 130 29

(13)

6

(4)

16

(8)

2

()

5

(1)

59 42
全国一斉相談 内訳
北海道 2 1

(1)

0

()

1

(1)

0

()

0

()

1 0
岩手 0 0

()

0

()

0

()

0

()

0

()

0 0
山形 2 1

()

1

()

0

()

0

()

0

()

0 1
宮城 5 0

()

0

()

0

()

0

()

0

()

2 3
新潟 1 0

()

0

()

0

()

0

()

0

()

1 0
石川 4 0

()

0

()

0

()

0

()

0

()

2 2
福井 0 0

()

0

()

0

()

0

()

0

()

0 0
長野 1 0

()

0

()

0

()

0

()

0

()

1 0
山梨 1 1

()

0

()

0

()

0

()

1

()

0 0
東京 33 9

(3)

1

(1)

5

(2)

0

()

3

()

17 7
神奈川 0 0

()

0

()

0

()

0

()

0

()

0 0
静岡
[東部]
0 0

()

0

()

0

()

0

()

0

()

0 0
静岡
[西部]
0 0

()

0

()

0

()

0

()

0

()

0 0
愛知 11 6

(2)

0

()

6

(2)

0

()

0

()

3 2
三重 0 0

()

0

()

0

()

0

()

0

()

0 0
京都 4 1

(1)

0

()

1

(1)

0

()

0

()

2 1
大阪 26 4

(2)

2

(1)

1

(1)

1

()

0

()

16 6
兵庫 6 0

()

0

()

0

()

0

()

0

()

0 6
鳥取 0 0

()

0

()

0

()

0

()

0

()

0 0
岡山 9 1

(1)

1

(1)

0

()

0

()

0

()

4 4
広島 6 1

(1)

0

()

1

(1)

0

()

0

()

1 4
山口 4 1

()

0

()

0

()

1

()

0

()

0 3
徳島 1 1

(1)

1

(1)

0

()

0

()

0

()

0 0
高知 4 0

()

0

()

0

()

0

()

0

()

4 0
愛媛 1 1

()

0

()

1

()

0

()

0

()

0 0
福岡 8 1

(1)

0

()

0

()

0

()

1

(1)

4 3
佐賀 0 0

()

0

()

0

()

0

()

0

()

0 0
宮崎 1 0

()

0

()

0

()

0

()

0

()

1 0

内訳
合計相談件数
130件
過労死予防・過重労働等相談 59件
労災補償相談(死亡または療養)
 うち自殺・精神疾患相談
 うち脳・心臓疾患相談
 うちその他のストレス疾患相談
 その他
29件
16件
6件
2件
5件
(うち死亡13件)
(うち死亡6件)
(うち死亡4件)
(うち死亡0件)
(うち死亡1件)
その他の相談 42件

予防相談(過重労働・パワハラ等)
  • 夫が朝6時に出て午前1時や午前3時に帰宅。残業代はゼロ。上司がうつ病で退職するなどして、仕事が増えた。夫は会社を辞めるつもりはないが、元気がなくなってきていて妻として心配。(30代男性・製造業・妻からの相談)
  • 夫が土日・祝日も休めず、午前2時〜3時の帰宅、2〜3日徹夜。食事もできず、顔色が悪く、痩せてきている。周りの社員も見て見ぬふりをしている。(男性・情報関係・妻からの相談)
  • 職場でいじめ・嫌がらせを受けており、うつ気味になっている。(男性・地方公務員)
  • 娘が休みを月に1回しかとれず、毎日夜遅く、昼の休憩もない。1年目に過労で倒れ、小さなことで大泣きするなど情緒不安定になっている。(20代女性・教員)
  • 1日16時間労働が週6日。過労が原因で事故を起こさないか不安。(40代男性・運送)
  • 娘が大学を卒業し就職したが毎日帰りが遅く、精神的に追い詰められているようだ。(20代女性・医療・母からの相談)
  • 事務から販売に異動になった。急に仕事が変わって不慣れな中、同僚が暴言を吐いてくるため、気が滅入っていて体調が悪い。(60代女性・小売)
  • 平日は終電で帰宅、休日も出勤していて、残業は月100時間以上。残業代は出ない。(40代男性・警備)
  • 毎日2時間残らされて説教をされており、精神的に参っている。(20代女性・物流)
  • 立ちっぱなしの工場ラインの仕事を毎日残業で続け、血圧が上がり、頭痛も出ている。残業を控えたいがどうすればよいかわからない。(40代女性・食品加工)
  • 早番は朝5時半出勤、帰宅午後8時。遅番は午後1時半出勤、帰宅午前3時。このような状態を10年以上続けていて、この3週間は土曜日の休みもない。(40代男性・製造)
  • 交際中の相手の男性が、朝7時に出て夜12時帰宅、週に一度の遠距離の本社出勤も負担。胸に痛みがあり、本人は会社を辞めたいと言っているが人手不足でやめられない。(30代男性・建設、交際女性からの相談)
  • 息子が長時間労働でうつ病になっている。夜中にも呼び出されたりしていて、実際には月200時間以上の残業があるが、記録は100時間程度しかつけられていないよう。(20代男性・警察・父からの相談)
  • パートタイムでの勤務。他の社員よりも2時間多く残業させられ、残業代も出ない。精神的に追い詰められている。(20代男性)
  • 都内に勤務する息子が長時間労働にさらされているようで、状況を改善するにはどうしたらよいか。(IT関連、母からの相談)
  • 息子が1日13時間労働、残業手当は20時間で打ち切りという職場で働いている。(運送、母からの相談)
補償(精神疾患)
  • 上司が厳しく、うつ病に。休職から復帰したもののまた休んでいる。産業医との面談にもその上司が同席しているので、きちんと相談できない。(40代男性・事務職)
  • 毎日朝6時半〜夜10時の勤務と上司からのパワハラでうつ病になり、半年休職した。(30代男性・配送)
  • 非常勤のヘルパー、週6〜7日の不規則勤務で体調を整えられない。夜勤のあと日勤が続いたりする。ボーナスが出る正社員にもしてもらえない。抑うつになっている。会社は続けたいが精神的にきつい。(男性・介護)
  • 上司から叱責され、酒の場でも強く叱責されて、重度のうつになった。(40代男性・金融)
  • 3年以上前に上司からパワハラを受けてうつ病になり、今も治療中。今も時々思い出す。会社は上司を辞めさせるべきではないか。(年代・職種不明)
  • 上司から「アホ」「能力がない」などと罵倒されるパワハラが原因でうつ病を発症し、仕事ができなくなった。労災申請をしたい。(40代男性)
  • 上司からパワハラを受けて失踪、自殺未遂。現在も休職中。上司は、一度パワハラを認めて謝罪したが、その後落ち度を認めない。(50代男性)
  • うつ病で既に労基署から労災認定されているが、労基署から「打ち切りもありうる」と言われて不安になっている。休職期間が3年になるが、これからどうなるか心配。(年代・職種不明)
  • パワハラを受けて退職し、現在療養中。体調が悪化するので、法的な手続きをすぐにとることが難しい。(年代・職種不明)
  • テレホンアポインターの契約社員。職場のパワハラでパニック障害になった。(リフォーム業)
補償(自殺)
  • 息子が自殺で亡くなった。出退勤の記録もなく、年休も取れず、「休職したい」と言っていた。遺族として過労死防止法制定の運動に関わっていきたい。(IT関係40代男性の母親から)
  • 勤務先が変わってからデスクワークが増え、長時間労働になって体調が悪化。うつ病を発症して自殺した。(50代男性・地方公務員)
  • 入社時から長時間労働が続き、2週間連続勤務もあって自殺した。(20代男性・デザイン)
  • 朝7時〜午後10時勤務の長時間労働。ミスがあったよう。自殺で死亡(建設業・営業職)
  • うつ状態で治療しながら勤務していた。結婚目前に自殺。(30代男性・通信)
  • 入社後2年で自殺。亡くなる1年ほど目から気分が不安定で優れない、仕事を変わりたいと言っていた。震災後節電のころ残業が多くなり、自殺で亡くなる2〜3日前にも会社を辞めたいと言っていた。(20代男性・製造)
補償(脳・心臓疾患)
  • 亡くなる1週間前から頭痛があり、当日救急車の中で意識を失った。早朝出勤・残業が多く、研究室の環境も悪かった(40代男性・研究職・クモ膜下出血により死亡)
  • 5年前に父親が急性心筋梗塞で死亡。他県に転勤となり、自宅から通うのに毎日朝7時に家を出て夜11時・12時帰宅の毎日だった。(50代男性・事務管理職)
  • 朝6時に家を出て帰宅は午後11時。心筋梗塞で倒れ、現在療養中。(食品)
  • 朝7時出勤、退社は午後11時、早くても午後9時。脳内出血を発症し、数カ月後に死亡した。(リフォーム業)
その他
  • 裁量労働制で勤務。恒常的に忙しいが、残業代が定額で低く抑えられている。(40代男性・研究職)
  • 会社が車にGPSを隠し付けていて、1時間の正規の昼休みをとっても「さぼっている」と社長に注意されるなどしている。(配送)
  • サービス残業で月100時間以上残業させられ、休憩時間も実際より多く申告させられているが、どうしたらよいか。(年代・職種不明)
  • 恒常的に長時間労働。有休も取れず、サービス残業も。労基署は業界に対してなぜきちんと規制・監督しないのか。(30代男性・ホテル)
  • 所定の勤務時間よりも実際は長時間の労働で、精神的にも肉体的にも耐えられず、辞めようと思うが、違約金が心配。(運送)

「過労死110番」全国ネット事務局
過労死弁護団全国連絡会議事務局
TEL:03-3813-6999  FAX:03-3813-6902