相談ダイヤル

相談に関するお問い合わせは

03-3813-6999

平日10:00-12:00 / 13:00-17:00

全国の相談窓口

各地域の相談先はこちら

東京以外でも各地の弁護士・協力団体が相談を受け付けています。

menu

全国集計結果2021年度

2022年6月18日(土)
過労死・ハラスメント・コロナ労災110番 」
全国電話相談活動の結果 (速報)

2022年6月18日 午後5時00分現在集約分
「過労死110番」全国ネット事務局
過労死弁護団全国連絡会議
幹事長 弁護士 玉木 一成
〒101-005 東京都千代田区神田神保町2-3-1
岩波書店アネックス7階 東京駿河台法律事務所
電話:03-3813-6999 FAX:03-3234-9134

報道機関 各位

本日は下記のとおりの相談が寄せられました。

本日の結果を踏まえて、職場の環境を改善する取り組みと、被害者救済のための取り組みを強化したいと思います。

今後の相談や取材等の問い合わせは、常設電話03-3813-6999に行って下さい。

相談実施地域
全国 35 都道府県(午前10時~午後4時)
相談件数総数
195 件
内訳
合計相談件数 195件
労災補償相談(死亡または療養)
 脳・心臓
 自殺・精神疾患
 その他のストレス疾患
 その他
26件
4件 (うち死亡2件)
12件 (うち死亡3件)
3件 (うち死亡0件)
6件 (うち死亡0件)

パワハラ・過重労働等相談
 内訳
 長時間労働
 パワハラ
 セクハラ
 その他

114件
(重複回答あり)
28件
70件
3件
15件

コロナ業務上感染相談

6件

その他の相談 49件

実施 35都道府県 内訳

()内の数字はその内死亡件数

相談実施地域 全国35都道府県(午前10時~午後4時)
地域 相談件数 労災補償 ※内訳 ハラスメント

過重労働
※内訳 重複解答有 コロナ感染相談 その他


心臓
自殺

精神疾患
その他ストレス疾患 その他 長時間労働 深夜勤務 海外出張

赴任
パワハラ セクハラ 過労運転 その他
全国 195 26(3) 4(2) 12(3) 3 6 114 28 0 0 70 3 0 15 6 49
全国一斉相談 都道府県内訳
中央窓口
及び
東京
37 9(2) 2(1) 5(1) 1 1 26 9 11 9 1 1
北海道 2 1 1 1
秋田 1 1 1
山形 5 1 1 3 3 1
宮城 7 1 1 5 1 4 1
新潟 3 1 1 2
富山 3 1 1 2
石川 11 2 1 1 1 1 8
福井 3 3 1 2
長野 1 1
栃木 1 1 1
群馬 1 1 1
山梨 0
埼玉 4 2 1(1) 1 1 1 1
千葉 2 2 2
神奈川 16 1 1(1) 5 4 1 1 9
静岡 4 3 1 1 1 1
岐阜 5 1 3 1 2 1 1
愛知 12 2 2 10 2 7 1
三重 3 3 1 2
京都 5 2(1) 1(1) 1 1 1 2
大阪 33 3 3 18 3 15 12
兵庫 12 9 3 3 3 1 2
奈良 0
岡山 0
広島 5 2 1 2 3
山口 0
徳島 3 2 1 2 1
高知 1 1
愛媛 2 2 2
福岡 9 6 3 3
佐賀 1 1 1
長崎 1 1 1
大分 2 2 2
宮崎 0

本日の相談事例

補償(脳・心臓疾患)

  • 夫が、業務上のトラブルで休日出勤や早出残業が続いていたところ、心筋梗塞で死亡した。労災申請をしたい(製造業、男性、40代)。
  • 業務中にくも膜下出血で倒れて死亡した。1日少なくとも12時間くらいは働いていた。

補償(自殺)

  • 運転労働での長時間労働・不規則勤務が続いていたところ、未経験の業務に異動となり、心理的負荷を蓄積させて自殺した。労災申請をしたい(運送、男性、50代)。

補償(精神疾患)

  • 長時間労働による過労で、うつ病になり、療養している。労災申請をしたので、今後の流れと補償制度を知りたい(建設業、女性)。
  • 通勤災害で休業した。復帰後の仕事の負荷で精神障害を発病した。

パワハラ

  • 上司からのハラスメントで、うつ状態になり、精神科に通院している。同僚が何人も辞めていて、負担が増えている。労災申請をしたい(看護師、女性)。
  • 同僚から、セクハラを受けた。会社に対して、セクハラをした同僚を異動させるなどの適切な対応を求めたい。(マスコミ関係、女性)
  • 役職を外され、給料も下げられるなどのマタハラを受て病気になり休職した。休職期間満了で、退職となってしまった(事務職、女性)。
  • 校長からのハラスメントが原因で、退職に追い込まれたので、適切な補償を求めたい(公務員、男性)。
  • 生徒指導に関する上司の無理な指示の対応で退職するしかない、生きていられないとの言葉を発するようになった。(公務員)
  • 仕事の引き継ぎについて異動前の部署の人員から嫌がれを受け、上司に改善を求めたが嫌がらせがやまず、体調が悪化した。
  • 定年後に大学法人に再就職したが、当初の契約条件と異なることを指摘したら、怒鳴られた。
    退職を考えている。
  • 上司から、誹謗中傷のメールを送られ、23時過ぎに業務指示のメールが来る。タイムカードはなく労働時間は自己申告。長時間労働とハラスメントで体調が悪化した。
  • いきなりキレる、圧力をかけられる、夜間に呼び出しを受けるという職場の対応によって、睡眠不良の状態となった。(医療機関・一般職)
  • ミスをしたら工場長に激怒されて精神的に不調となった。
  • 上司からのパワハラで不眠の症状が続いている。
  • 上司の叱責を受けて勤務を休む状態が続いている。
  • 作業中にミスしたことで上司から殴られて怪我をした。不利益を受けることが心配で会社に事実を報告できないでいる。

過重労働

  • 22:00~23:30に帰宅する長時間労働だが残業代が支払われていない。休日にも仕事の電話がかかってきた対応しなければならない(不動産業)
  • 毎日23,24時に帰宅 休みは月2回
    新人指導が大変 国がお金をかけて指導する体制が必要
    生徒の父母対応、障害者雇用の対応も負担 (教育関係の公務員)
  • 清掃事業の下請企業の非正規雇用従業員
    労働密度が年々増加してボロぞうきんのように使われている。
    命綱なしで屋上で作業させられた。
  • 月に80時間以上の残業、80時間を超えると住宅手当が多くなる扱い。
    ここ4日くらい深夜(朝方)まで働いた。(流通業)
  • 社会福祉法人に勤務。月90時間くらいの残業。
    タイムカードの記録があるのに残業代を払わない。

コロナ関連の過重労働・危険労働相談

  • 障害者雇用で採用されたが、コロナによる過労で元々の疾患が悪化し、休職した。同僚からのハラスメントもあり、また体調を崩すことにならないかが心配(医療、女性)。
  • 職場でコロナのクラスターが発生し、社員全員がPCR検査を受けることを社長から指示を受けた。検査費用は従業員立替えで、領収書を出して会社から支払いを受けるということであった。しかし、会社はこの費用を請求しても払わない。総務などに担当者に支払いを催促しても対応しない。
  • コロナで休んだら、正社員からパート勤務に変更しないかと言われた。
  • ホテルの設備管理の仕事でコロナに感染した。休業させられた後、雇い止めにあった。